仮想通貨 ニュース

【ツイッター】「#スガはやめろ」トレンド入りに「気が早すぎる」「まだなんもしてないじゃん」 新総裁が決まる前から… [首都圏の虎★]

1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/14(月) 19:26:02.91 ID:z49X/hWd9
自民党・安倍晋三総裁の後継を決める自民党総裁選(2020年9月14日投開票)で菅義偉官房長官(71歳)が新総裁に選ばれたことを受け、日本のツイッター上でも菅氏に関する投稿が相次いでいる。

 一方、「#スガはやめろ」というワードも日本のツイッターのトレンドに入っているが、「まだなんもしてないじゃん」「気が早すぎる」とツッコミが相次いでいる。

■「令和おじさん」「ガースー黒光り内閣」もトレンドに

 菅氏は13日午後に行われた総裁選で377票を獲得。同じく立候補した石破茂氏の68票、岸田文雄氏の89票を大きく引き離す形で、安倍総裁の後継に選ばれた。菅氏は16日の臨時国会で新首相に指名される見込み。

 菅氏は選出後のスピーチで「新型コロナウイルスが拡大をするという国難にあって、政治の空白は許されません。この危機を乗り越えて、国民の皆さん一人一人が安心をして、安定をした生活をすることができるように、安倍総理が進めてきた取り組みを継承し、進めていかなければなりません」と意気込みを語った。

 新総裁の決定を受け、ツイッター上でも菅氏に関する投稿が相次いだ。17時台の日本のツイッタートレンドには「自民党新総裁」「菅新総裁」といったワードのほか、愛称として知られる「令和おじさん」が入っている。また、「ガースー黒光り内閣」という奇天烈なものも。これは、お笑い番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の年末特番「笑ってはいけないシリーズ」で恒例となってきた、日本テレビ元プロデューサー・菅賢治氏の姓をもじった舞台名「ガースー黒光り〇〇」(〇〇には舞台名が入る)にちなんだものとみられる。

2日前には「#スガやめろ」がトレンドに
 一方で、トレンドには「#スガはやめろ」も入っている。新総裁決定から間もない16時台後半からトレンド10位以内にランクインしたもので、ツイッター上では菅氏の新総裁、また確実視される首相就任を批判するツイートに、このハッシュタグをつけている例が多く見られるようだ。

 ただ、菅氏がまだ何も職務をこなしていない段階での「やめろ」ツイートには、「まだなんもしてないじゃんw」「(批判するなら)せめてまだ仕事っぷりを見てからがいいと思うんですが…」「気が早すぎる」とツッコミが相次いでいる。

 なお、まだ菅氏の総裁就任が決まってすらいない9月12日にも、日本のツイッターでは「#スガやめろ」がトレンド入りしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/be9d2a83ec93f9af9db29d73bebdc3113b1fd87d
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200914-00000013-jct-000-1-view.jpg

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600079162/


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


続きを読む

Source: 仮想通貨最新情報サイト | 仮想通貨まとめNews
【ツイッター】「#スガはやめろ」トレンド入りに「気が早すぎる」「まだなんもしてないじゃん」 新総裁が決まる前から… [首都圏の虎★]

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨 ビットコイン 本日の相場2018_0202・BTC相場続落・コインチェ…
  2. 【仮想通貨大暴落】1%の人しか知らない犯人の犯行動機を解説 女子高生天才ホワイト…
  3. 堀江貴文のQ&A「仮想通貨の価値とは!?」〜vol.990〜
  4. 【仮想通貨2018】市場高騰は2月からの3つの理由!今からが本当のチャンス
  5. 仮想通貨GMOコイン登録完了と入金及び売買

関連記事

  1. 仮想通貨 ニュース

    TikTokとWeChat 20日からダウンロード禁止 米商務省発表

    米商務省は18日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック…

  1. 仮想通貨 ニュース

    ビットコイン は何が違うのか
  2. 仮想通貨 ニュース

    仮想通貨SALT、未登録有価証券問題で米SECと合意
  3. 仮想通貨 ニュース

    仮想通貨ノアコイン0.1円wwwwwwwwwwwww
  4. 仮想通貨 ニュース

    ビットコイン価格予想:9時の締め切りに注目!9600ドルが最重要ライン?
  5. 仮想通貨 ニュース

    パウエル議長講演を聞く前に知っておくべき過去1年のアメリカ
PAGE TOP